はい、可能です。 但し、争いの無いような一般的な場合は、コスト面において同一の税理士にお願いされる方が良いと思います。