遺留分の減殺請求の対象となる贈与財産は基本的には相続開始前1年以内のものに限られますが、相続が発生した際に他の共同相続人の遺留分を侵害するのを分かっていながら受贈した贈与財産については遺留分の減殺請求の対象になります。