生前贈与加算の規定を考えても贈与のあった日を明確にするため作成するのがベターです。しかし本当に重要なのは対税務署ではなく対共同相続人の為の作成です。後の相続の際に被相続人に本当に贈与の意思があったのか(勝手に財産を移転したのではないのか)争うケースが多いので意思を証明できる贈与契約書の作成が肝要かと考えられます。