贈与税の計算をする場合の受贈財産の評価額は相続税評価額によります。
具体的には土地であれば路線価(国税庁HP参照http://www.rosenka.nta.go.jp/)によって、建物であれば固定資産税評価額によって評価します。
ただし、他人に貸している土地や建物については他人の権利分評価額が低くなります。
※不動産を贈与した場合、受贈者には不動産取得税や登録免許税がかかります。