[増不動産]大和市の相続の相談窓口です
FAQs

どうすれば贈与が発生するのですか?

民法上贈与は贈与者側の「あげる」という意思表示と受贈者側の「もらう」という意思表示があって初めて成立します。 従って一方的に「あげた」という行為だけでも成立しませんし、逆に貰ったという一方的な行為だけでも成立しません。 …

いくら以上贈与すると税金がかかるのですか?

個人から年間110万円以上の財産を貰った場合、申告及び納税が必要となります。 この贈与税がかからない限度枠110万円の事を基礎控除と言いますがこれは受贈者1人に対しての年間での枠です。 従って、同一年において父から110 …

110万円以下の贈与の場合申告は不要?

受贈財産の課税価格が110万円以下の場合、確かに申告要件はありませんが申告してはダメというわけでもありません。 贈与の事実を後にまでより明確にしておくためにも納税額ゼロの内容で申告しておくに越した事はありません。

贈与税の税率について教えて下さい

次の速算表をご利用ください。 (例)500万円の現金を贈与した場合   (500万円-110万円)×20%-25万円=53万円 基礎控除後の課税価格 税率 控除額 200万円以下 10% − 300万円以下 15% 10 …

不動産を贈与する場合の評価額は?

贈与税の計算をする場合の受贈財産の評価額は相続税評価額によります。 具体的には土地であれば路線価(国税庁HP参照http://www.rosenka.nta.go.jp/)によって、建物であれば固定資産税評価額によって評 …

贈与税の税率は高いようですがなぜ生前贈与が節税になるのですか?

いま生前贈与をすることにより将来減少する相続税(リターン)といま納付しなければならない贈与税(コスト)との差額が節税額となります。 この場合リターンは相続税の限界税率を用いて、コストは贈与税の実行税率を用いて計算すると良 …

現金贈与であっても贈与契約書は作成したほうが良いですか?

生前贈与加算の規定を考えても贈与のあった日を明確にするため作成するのがベターです。しかし本当に重要なのは対税務署ではなく対共同相続人の為の作成です。後の相続の際に被相続人に本当に贈与の意思があったのか(勝手に財産を移転し …

名義預金とみなされない為の贈与の方法は?

子名義の預金通帳に、親や祖父母が毎年振込や預け入れにより入金するという方法で贈与しているケースがよくあります。しかし、一定の要件を満たしていない場合、名義を借りているだけで実質の所有者は親や祖父母本人とみなされ贈与が不成 …

生前贈与しても一定の贈与財産の額は相続税の計算上相続財産に戻されると聞きました。贈与者の健康状態が思わしくない場合生前贈与を実行しても意味がないでしょうか?

贈与者とあなたとの関係が被相続人⇔相続人である場合、又は、相続人ではないが遺言により財産を受け取る場合は、当該相続の開始の日からさかのぼって3年以内の財産の贈与については生前贈与加算の適用を受け節税効果は実質無効化されて …

精算課税贈与をしても資産家にとっては節税にならないと聞きましたが本当ですか?

生前贈与により節税スキームを行う場合、通常は毎年の一般贈与により少しずつ財産を移転してく方法を採ります。しかし、評価額は大きいのだが収益を生み出す資産(貸し店舗や貸しアパート等)を生前に贈与して今後の収益の帰属を変える事 …

1 2 3 4 »

最近の投稿

相続Q&A 相続の相談・お問合せ
当社では相続に関わる情報を定期的に配信しております。
日ごろから相続の情報を目にしておくことは、いざという時に役立ちます。
早め早めに情報を交換することで、その時に慌てることなく、私どもが最良の対応でお手伝いできるよう、メールアドレスという一つのつながりを作っておくことをお勧めいたします。

パンフレットダウンロード

パンフレットダウンロード
PAGETOP
Copyright © 増不動産 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.