[増不動産]大和市の相続の相談窓口です

相続税申告の流れ

  • HOME »
  • 相続税申告の流れ

イメージ

相続手続き全体の流れ

全体の流れ

法定相続人と法定相続分とは?

イメージ

法定相続人とは、亡くなった方の財産などを相続する権利がある人のことです。法定相続分とは、それぞれ法定相続人が相続する割合のことです。

そして、この相続人の権利や割合は、法律で定められており、次のケースのように法定相続人と法定相続分は決められています。

一般的なケース

● 被相続人(亡くなった方)に配偶者と子がいる場合

法定相続人:配偶者、子
法定相続分:配偶者が2分の1、子が2分の1(子が2人なら4分の1ずつ)

図

● 被相続人に配偶者がいる、子がいない、親がいる場合

法定相続人:配偶者、親
法定相続分:配偶者が3分の2、親が3分の1(両親がいたら6分の1ずつ)

図

被相続人に配偶者がいる、子がいない、親がいない、兄弟姉妹がいる場合

法定相続人:配偶者、兄弟姉妹
法定相続分:配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1(兄弟姉妹が2人なら8分の1ずつ)

図

相続税を払わなければいけない??

相続税には、各種控除等の非課税枠があります。

この金額を被相続人(亡くなった人)の相続財産(遺産)が超えていなければ相続税を払う必要はありません。

また、配偶者が相続をするときは、配偶者控除があるので1億6000万円を超えていなければ相続税を払う必要はありません。

相続税を払わなければいけないのは相続が発生したうちの約10%と言われています。

非課税枠

3000万円  +  (600万円  ×  相続人の数)
※平成27年1月現在

(例)相続人が3名の場合

3000万円  +  (600万円  ×  3)  =  4800万円

この場合は、相続財産が4800万円以下であれば相続税申告は不要です。

相続税(相続にかかる税金)とは

自分で相続手続きをするとこんなに大変

  • ほとんどの手続きが平日の昼間に行なわなければならなくて、会社を休む必要が出てくる
  • 昔の戸籍謄本は読めないし、解読するにも時間がかかる
  • 銀行口座がいきなり凍結されて、現金の引き出しができずに日々の生活に困ることがある
  • 専門的な法律用語がたくさん出てきて分からないし、法務局、税務署に聞いても事務的な対応をされる
  • 約100種類もの手続きがあり、すべて最初から調べてから手続きをすると膨大な時間がかかる

 
自分で相続手続きをするとかなり大変です

最近の投稿

相続Q&A 相続の相談・お問合せ
当社では相続に関わる情報を定期的に配信しております。
日ごろから相続の情報を目にしておくことは、いざという時に役立ちます。
早め早めに情報を交換することで、その時に慌てることなく、私どもが最良の対応でお手伝いできるよう、メールアドレスという一つのつながりを作っておくことをお勧めいたします。

パンフレットダウンロード

パンフレットダウンロード
PAGETOP
Copyright © 増不動産 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.